TVゲームはここまで進化した。チェンクロ&モンハンを例に

ニュース

2014/03/26
インターネットを更新
2014/03/26
ミリオンヒットを更新

ピックアップコンテンツ

  • インターネット

    インターネットの発展に伴い、ゲームの形は…

  • ミリオンヒット

    テレビゲーム業界では、売上が百万本を超え…

最古

anime

家庭用テレビゲームの歴史はマグナボックス社が開発した「オデッセイ」から始まります。
オデッセイは1972年に一般向けに発売されました。
当時、ビデオゲームゲームセンターなどで遊ぶ事ができる筐体機が主流でした。
そのためもあって、大衆にオデッセイはあまり理解されず、爆発的なヒット商品となることはありませんでした。
一応会社に壊滅的な被害をもたらすことはなかったものの、発売から2年後の1974年には既に生産が中止されました。

大ヒット

SONY DSC

歴史上初めて大ヒットを記録した家庭用テレビゲームはアタリ社が1977年に開発したAtari2600です。
最盛期にはアメリカの全家庭の3分の1が、Atari2600を所持していたほどのヒット商品でした。
コントローラーを始めとした周辺機器も充実し、現在でも使われるジョイスティックやガンコントローラーを使うことも出来ました。

発展

日本のテレビゲームは任天堂が1982年に発売したファミリーコンピュータ以降急激に進化しました。
1994年にはソニー・コンピュータエンタテインメントからプレイステーションが発売され世界的なヒットとなりました。
2000年にプレイステーション2が発売され、歴代最高の販売台数を記録するヒットとなりました。
現在では、持ち運びができる携帯機やスマートホンなどでプレイできるソーシャルゲームの発展も目覚ましいです。
特に、PSPやWiiなどで発売されたモンスターハンターシリーズ(モンハン)などは近年トップレベルのヒット商品です。
モンハンシリーズは累計2800万本の売り上げています。

ホットレコメンド

インターネット

インターネットの発展に伴い、ゲームの形は格段に進化しました。1996年に開発されたピピンアットマークというハードがインターネット接続機能を初めて搭載しました。残念ながら、当時はイン…

anime